archive
23.02.2020 

各各個人の「着たい」をイブーデザインズを通して。

 A family’s way of life その少女はピンク色が好きでした。 それで、身の回りのものをほとんど全てその色で満たしていこうと心に決めました。 ある春の日、イブーデザインズのピンク色のコートが目に止まり どうしても欲しくなりオーダーすることに決めました。 彼女はまだ5歳です。父ちゃんにお願いをしてお母ちゃんのお許しを得て オトナさながらに作ってもらいました。 それを見た兄ちゃんは、僕もジャケットをオーダーしたいと申し出ました。 父ちゃんにお願いをし、母ちゃんにお許しを得て彼もまたイケてる男子さながらの ジャケットを手に入れました。 マッコ(イブーデザインズ)は彼らの数年後も活躍できるサイズと形をイメージしながら 魔法をかけてそれぞれの一枚をデザインしました。。 私はこのコートとジャケットに関わる全てのことがらに興奮しています。 退屈な大人たちにお洒落な一石を投じるこのキッズたちに、そしてそんなふうに創造した父ちゃんと母ちゃんに! この春も、マッコのどんな魔法を見ることができるでしょうか・ 楽しみな3月です。 Onomachi αでお待ちしています。              
23.02.2020 

2020 春 イブーデザインズ

3日間だけの展示販売と受注会です。 今回で10回目になります。 毎回、デザイナーはこのギャラリーでの発表作を悩んで悩んでギリギリまで苦しんでくれます。 そして最終日には必ず「今回は何が足りなかったか?」の反省会をします。 少しでも身につけていただく方たちに 心地よくモチベーションの上がる毎日を送っていただくために それと、提供する側はどんなふうに伝えていくか、その瞬間を楽しい時間にしていくかを 真面目に話し合います。 作り手と繋ぎ手であるギャラリー側は 同じ熱量で期待してくださっている方に接するようにしています。 期間は短くても長くても拘らせていただいたことへの意識はずっと持ち続けます。 今年の春の1着を選びに お出かけいただければ幸いです。 小林真起子の新作、白いシャツに美味しい華を添えて お待ちしています。 onoamachi α
02.02.2020 

onomachi α 2月

イワモトイクコ 制作途中の”春を待つ”オブジェ   ロンドンにて制作中 WAKAKO S ”或る出来事”こころコロコロ   和歌山市にて制作直後 マッコ K “注文で開いていく窓”   おのまちあるふぁで打ち合わせ中のデザイナーとカスタマーズ お土産で貰った コロコロパンダの手拭い  実用的に使用中 今年のこれからの展覧会を味あるものにして行きたいと思い 一つ一つの作者の方の作品にもういちど耳を傾けています 気になっている作品などお問い合わせくださいませ。 作者とお客様をベストな状態でつなぎたいと思っています。 onomachi α