archive
03.01.2020 

今年も宜しくお願い申し上げます。

優れた画家が 美を描いたことはない 優れた詩人が 美を詠ったことはない 美とはそれを見た者の発見である。 青山二郎
23.12.2019 

いつものonomachi αから♾

2019年もあと僅かになり 様々なものつくりの方々とのお付き合いと その都度、足を運んで共感してくださった方々との瞬間を あらためて振り返っています 交通機関を何度も乗り継いできてくださった遠方の方や 仕事を早めに終わらせて車ですっ飛んできてくださった方、 興味を持って何度もご来店され「スタンプ押しましょうか」と思わず声をかけてしまった方、など よくきてくださいました。。と頭が下がる思いでした。 その人の気持ちが高揚しているとわかった時、 その女性が華やかな笑顔を見せてくれた時 させていただいている仕事がやっと完成した、と感じます。 そして、また明日、またその次、と。 昨日から店内は常設展示です。 そして画廊ビュッフェファイヴからの搬入があり絵画も数点届いています。 幼い頃からの環境で 空間に絵があることで心がストーンと落ち着きます。 年末から新しい年2020年に向けて気持ち穏やかに、、の思いで セレクトした木版画やリトグラフなど。 硝子や陶器などとぴったりその場で寄り添っています。 それぞれが申し合わせてここにいるように。 これからもここに集まってくださる人やモノたちがお互いを高め合えるような 場作りにちから注いで行けたらと思っています。   onomachi α   Yoko🍀  
16.12.2019 

お知らせ

常設展示中はご予約のお客様のみとなります。 Onomachi αでお取り扱いさせていただいている作家の作品を一度にご覧になれます。 メールやお電話、フェイスブックのメッセージでご予約を是非お待ちしております。 TEL 073-460-2170
09.12.2019 

お知らせです!

12月15日(日)まで 会期を延長させていただけることになりました。 matohuの世界をぜひ! お待ちしております。 なお11日(水)はお休みです。
06.12.2019 

matohu (纏うこと 待つこと)

「日本の美意識が通底する新しい服の創造」をコンセプトに歴史や文化に深く根ざした独自のスタイルを 東京コレクションや美術館での展覧会で発表し続けている。 ブランド名のmatohuには服をみにまとうという日本語のニュアンスと、消費し捨てるので捨てるのではなく 成熟を「待とう」と言う意味を込めている。 デザイナー 堀畑裕之さんと関口真紀子さんのブランドコンセプト。 うん、うん、うん、、と自然に言葉がいつもの心に響ました。 今、目の前にあることの存在意味とその有り難さに敬意を払いながら 毎日を進んでいくこと。 過去と未来を繋ぐ今を自分の美意識で大切にすること。 ものつくりの方々とのお付き合いの中で 私もその都度、各分野をためされて進んできました。 今回は身に纏うことをテーマに気づきの毎日です。 人だけが許される、選択することのできる纏う服。 それぞれの方々が感じていただけますように。。
1 2 3 4 5 383