archive
10.05.2011 

significant others

 
ほぼ3年ぶりに訪れた、多治見の”ギャルリ百草”さん。

その抜目なき「空間の箱」に気を吹き込んでいる安藤ご夫妻。

帰り道、

いろいろなことを考えていました。

そしてふと、アナベルの言葉を思い出していました。


   絵を描くときの彼は、非常に研ぎ澄まされており

   私を5分間椅子にすわらせただけで、彼は私の全てを

   読み取っていました。彼は、私の肖像画を描きながら

   私自身を描いていないこともありました。反対に、

   彼の絵の中に全く違う人物が描かれているのに、

   これは私だと確信する時がしばしばあるのです。



お二人の穏やかで誠実なお話を聞いていると

自らの位置と覚悟のレベルに気づかされました。


はずかしい思いをすることは前に進めることなの!

すてきな春の一日でした。


和歌山のみなさん!

”安藤雅信展”  小野町にて、ほぼ380日後に・です。

       
   精進いたします!             

      


                     y






10.05.2011 

ゑびすのオムライス

 0510 大谷桃子 八寸皿 ゑびすのランチは一種類 このオムライスのみ たっぷりのきのこに人参やいんげんなど 野菜もたくさん入った黒米入り炊き込みご飯を 紀泉農場の平飼い草卵とバターでふんわりと包んでいます 自家製のピクルスと 野菜の葉や根っこ、皮から取ったスープベースで作る 季節のスープがついています 今は玉葱と春キャベツのスープ ブイヨンで作るスープと違い 優しく滋養たっぷりです まもなく ケチャップも有機トマトを使った自家製に変更予定 どうぞ お楽しみに♪ kaori
08.05.2011 

きっと笑顔がたくさん

 0508 八木橋昇 マグカップ ここのところ 母の日のプレゼントを探して、とおっしゃるお客様がたくさん 喜んでくれるかなあ~ お財布の事情もあって・・ などなど みなさん悩まれて 楽しんで*^^* このマグカップも かわいい女の子がお持ち帰りに。 お母さんは何でもうれしいよー と心の中で叫びながら^^ kaori
08.05.2011 

明子さんからの電話


岐阜県・多治見市にある、ギャルリ百草。

もう10年近くになると思いますが、わたしが出会った

白い器。

安藤雅信さんのオランダ皿。

窓口はそれだったけど、毎日の生活で「こうあってほしい」とか

「こんなふうに当たり前のことのように生きたい、使いたい」と

思う瞬間に、安藤さんの繰り広げるものが頭によぎっている。

奥様の明子さんの展覧会・白蚕衣縫展Ⅶ が、今百草で行われています。

日々、必要と感じるお互いのこと、生み出すモノが

見事に調和しながらどんどん進み続けているお二人がいます。



明日、百草におじゃまする予定です。


先日 「展覧会中、伺います」と伝えたら

明子さんからお電話をいただきました。

立ち振る舞いが手にとるようにわかるくらい、

そよ風とそれに乗って舞っている淡いピンクの花びらみたいな

方です。

あす、お会いできるのが楽しみです。

ひさしぶりに、ドキドキしてます。




                 y








 
07.05.2011 

ブックカバー 入荷

 o5o7 モリヨウコのブックカバーが八種類入荷しました。 花柄やストライプ、シンプルな無地にアクセントのレース使いなど かわいらしいけれど かわい過ぎないところが さすがモリヨウコ 気持ちのいい風が吹く日ですね 窓を開けはなして 本でも読みましょうか kaori
1 347 348 349 350 351 358