18.04.2011 

自信あるものしか載せてない読み物・ゑびすのメニュー!

 

ゆっくり読んでも30秒もかからない


このページは10秒もかからない。




毎月変わるうちの珈琲は”世界の車窓から”状態で、

今月はメキシコ vs ドミニカ共和国




もっと 自信が持てるように

ゆっくりと大事な時間を過ごせるように

「読ませたいんだ!貴方に・の本」を用意しておきます。



        

    ps ”成長が実感”できてよかったです・花の中2男子さま。




                 y









16.04.2011 

これも、作っています。

 0414 月替わりの世界珈琲や紅茶、ハーブティーについている 小さな焼き菓子達 小さいのにマドレーヌはきちんとしっとりしているし クッキーはさっくさく こちらは抹茶のマドレーヌとラングドシャ↑ おからのマドレーヌや生姜のクッキー、ココアのクッキーなど 種類はたくさん! 焼いているとき、すごくいい匂いが全館に漂うんです、 お客様と話していると 「これも作っているの??」 「おいしいし、きれいだから、市販品だと思っていました。」 全てパティシエが作っています~ と思わず大きな声を(苦笑) 家庭で作る 手作りクッキーとは全然違う。 今日はこんなクッキーを焼きました。と うれしそうに見せてくれる笑顔そのままのお菓子。 どの種類がお皿に乗るかは お楽しみです♪ kaori
16.04.2011 

あと少し

先月末から出ている苺と清見オレンジのタルト。 最初は苺だけをたっぷりのせる予定でした。 市場に苺を買いに行くと、隣で清見オレンジの試食が…。もらって食べてみるとすごくおいしい! こんなにおいしいなら乗せちゃえ!という事で、見た目も鮮やかな2色のタルトになりました。 コーヒーのしっかりとした香りにも合うように濃厚なカスタードクリームに仕上げています。 苺のおいしい季節もあと少し。ぜひ味わってみてくださいね。 るみ
14.04.2011 

ここに居る”幸せ”

 

「何が好きですか?」 と聞いてくれる。

・・即座に答える。

「フルーツ! 特にイチゴ。」(本当はバナナ、と言いたかったが門番に叱られるから)

すると、

次の日には「今週はこれにします!」と、モリヨウコのレトロなエプロンを

ぴったりと着こなした彼女がこんなケーキを目の前に持ってきてくれる。

二階からスタスタとバレリーナみたいな靴を履いて降りてくる。


「かわいい。」


もうこうなったら、目のまえに置かれたイチゴ&はるみのタルトが可愛いのか

エプロン姿のルミチャンが可愛いのかわからなくなる。




「どんなお茶が飲みたいですか?」と凄まれる。

・・少しビビッて答える。

「甘草が効いてるフレーバーティーで、ふわ~~感が支配するソレ。」

すると、

2~3日してクロネコヤマトの急いでいるお兄さんがサインをもとめて

やってくる。(請求書と共に)

そしてより一層凄みをきかせて自信ありげにお茶を試飲させてくれる。

「どうや!!」と言わんばかりに。


「迫力。」

もうこうなったら、目の前に置かれた香高いフレーバーティーかそれを

槍のように構えている人が迫力なのかわからなくなる。



でも、どれひとつをとってみても私にはわかる。

今居るところが大好きで、そこにいることを嬉しく思っていてくれること。


そんなところから発信してくれることは

本気と愛があるし。。


しっかりしなくちゃ!と 嬉しくて 励まされている。

いい歯車を回していきたい。




                   y







13.04.2011 

元気な子なので、と言って微笑んで

 

展覧会のフィナーレ近い日

その人はいつもの優しいウットリするような笑顔で現れた。


うちの行事には必ず来てくださり

彼女が居てくれるその時間は館内が”らしく”なる。

そういう人。

わたしが男性なら、、きっと来店を楽しみに待ちそうな人。


その人が 赤いラッピングされたものを手渡してくださった。

「私が作りました。」と言って。

「この子、とても 元気な子です」と付け加えて。



明日からもまた「元気出して行こう~!」と思う。





心はいつもこんな感じで。






ありがとうございます。





                      y






1 349 350 351 352 353 354