16.03.2011 

平和なこと


きのう、写真展・エリちゃんのタイトルを

床に広げた紙に筆で書こうとしていた。

いつの間に来ていたのか頭の上から彼女の声。

「わたし、自分の名前を毛筆で書いてもらうのを見ているのが

 とても好きなんです!」という。

・・うん、やっぱり エリちゃんらしい。


でも

わたしも負けてない。

「わたし、書いてるところ見られるのが好きではないです。」^^ と。

でも


陰険な空気は流れない。

エリちゃんはにこやかに向こうのお部屋に行ったみたいだし、

私はそのまま集中した。

「できたよ~」 って呼んだらすぐ来たが

わたしは知っていた・・・遠くから見つからないようにずーっと見ていたことを。


紙と筆は ほんの些細な瞬間を 不思議なくらい平和にしてしまう。


今、特にそんなふうに気づく。


平和がどれだけ大きいことか、ということも。




そして

明日から始まる個展・浜崎さんの絵画の一つ一つは

両手の中でもコボレルヨウな、愛らしさに満ち満ちている。



そんな 場所でありたいと思う。



                       y








15.03.2011 

祈る

0315  いってきます ただいま 電車に遅れそう お昼ごはんの後は眠いなあ なんて 当たり前の日常が 何より有り難い事だと 幸せなことだと 停電の影響も計り知れなくて いつもの事ができなくなる 郵便局に行って 同じように義援金の振込用紙を握りしめている方が何人も 小野町では えりちゃんが写真展を急遽開催 ラブラックのしゅりちゃんが手書きメッセージを添えた 募金箱を設置 何もできないけど できることは何? 祈ること いつものことをいつも通りにすること そして それに感謝すること まだまだ きっと kaori
15.03.2011 

清水衣里子・写真展

 

「虹を集めて」写真展開催中です。

昨日、エリちゃんからの電話。

東日本大震災への気持ちを自分は「これしかない!」と。

虹をあらゆる角度から撮り続けるエリちゃん。

彼女が虹を想うから

虹は彼女の存在するところにあらわれる。

虹を思いのままに操ってるようにも感じる。


急遽決まった写真展。

エリちゃんの虹を気に入ってくださった方には購入していただけて

全部を義援金にさせていただきます。




朝早くから撮りためていた何十枚を抱え、

小野町にきてくれました。 


「写真」を撮るのは オコガマシイ・・・




今日から約1週間の予定です。

虹に会いにきてください。




                 y





11.03.2011 

世界にひとつだけの花



”ウチの子”がくれたひとつの箱。

「早く開けて、あけて、アケテ!」と幼子みたいにいうから

「え~~、帰ってから開けたいのに。。」と意地悪を言った。

すると 泣きそうな顔をしたのと、隣で威嚇する人が大きなガーベラを

得意げに持っていたので、空気に負けて開けてみた。


薔薇だ!

しかも今、好きな色!

おまけに 棘はないから危険ではない。

・・・

最高!!

うれしくてその日の業務はどうでもよくなったくらい。

その様子を見て感じ取ったのか

”うちの子”は得意げに言い放った。

「世界にひとつしかない花です。」


となりで 大きすぎて箱に入りきらなかった、というガーベラを

持つ人も やはり世界でひとつだけの花に満足げに微笑んでいた。




”うちの子”、やるやん!




                y








1 352 353 354