archive
01.05.2011 

レンブラントも。

 

和歌山に来てくれればいいのに。。

と、つぶやいてみた。

前北桂像氏の光かがやく樹木を見たとき

ビロードを深くかんじるレンブラントの和紙に描かれた画を

思い出したから。

国立西洋美術館に出来て、和歌山県立美術館にできない理由は

どこにあるのだろうか?

今夜はそのことが気になって眠れない。




             y






01.05.2011 

KEIZOU MAEKITA

 

写真展、始まりました。


朝から、たいへんな賑わいです。


アンちゃんと待ち合わせをして、バイクで駆けつけてくれたカヨンさん。

一気によりいっそう賑やかになる。



小野町の森へいかが?





                      y






01.05.2011 

前北桂像写真展「FOREST」

前北桂像写真展「FOREST」 前北桂像写真展 FOREST 5月1日(日)~5月8日(日) 時間 午前11:00~午後18:00
30.04.2011 

考える

 

考えるターゲットのあることの、幸せ。


きのう、上りきっていないシャッターの角に思いっきりおでこをぶつけ、

目から火が出たし、シャッターの爆音で心臓がドキドキしたし

そのあとあまりの痛さに何にも考えられなかったモン!



                     y




30.04.2011 

前北桂像写真展・FOREST

 


「前北さん、約束、忘れていませんか?」

一年弱前、とうとうしびれをきらして電話をした。


ここでしていただきたい芸術家のマチガイない人の一人、

写真家・前北桂像さんに、である。


時間的な生命の宝庫であるという森林に足を踏み入れ

神が宿る完成された森林形態と”片思い”と感じながらも

粘り強く融合していく。

時間をかけすぎて、気を失ったこともあるらしい。

「ごめんよ、ごめんよ、、」と言いながら樹木に近づく。

限りなく 生と死を繰り返す領域のなかで

彼は、大胆にも一瞬時間を止めてあげる。


時間を止めてあげる。


すべての生き物は何らかの力である一瞬でいい、

営みを止めてほしいんだ。

「放っておいてくれ!」と強がりにみせても

裏腹に「「誰かとめてくれ!」と哀願しているものだと思う。



切り取られた時間が明日から始まります。




シノブちゃんも 気持ちよく。




「あんなわかりやすい、簡単な入口があるんや!ここに居れば」

と、桂像氏はきょうもおしゃれなターバン巻いて

自転車でやってくる。



超えたところに位置する人は森林の中より森林たる魅力がある。




シダの実態も体感してください。



5月1日~5月8日まで。(6日金曜お休み)

 小野町デパート3階にて、作家:ほとんど全日在廊!






               館長・y




1 363 364 365 366 367 372