30.09.2012 

そこにいるだけで

こんな台風の日でも人生のうちの大切な一日。 お盆でも正月でもなく誕生日でもない、なんでもない日を大切に思う。 余分な飾りがなく 軽やかで それでいてとても繊細なすべてのものは 完成までものすごく緻密な過程がある。 生き物でも人が創ったものでも そこにいるだけで、そこに置かれているだけで、 一日の時間を美しくするもの、、 こういったものが人を幸せな気分にさせる。 ・・荒れ模様の休日だけど、 こんな気分で ロッキングチェアーで寛ぎたい♡
30.09.2012 

気温が下がると求めるもの

明りが恋しくなる。 夏のぎらぎらした光の中にいると忘れていた種類の明り。 和紙を通す光は 今欲しい明りを表現してくれます。 衣替えの今、一枚の和紙で明り替えはいかがですか☆
29.09.2012 

気がつけば

2階のカフェが1階になってもうすぐ一月。 キッチン内の物の定位置も決まり、やっと落ち着いてきた様に思います。 「1階落ち着きますね」 とりっきーご夫妻が言って下さった時、葉子さんが 「椅子やテーブルが落ち着いてきたからですよ。」と話しておられた。 配置を変えたばかりの時は椅子やテーブル自体がざわざわしているから落ち着かないらしい。 だからかぁ。家のベッドの位置を変えてすぐの頃、眠りが浅くなったのは。 椅子やテーブルが落ち着いた時に、そこにいる人も初めて落ち着けるのよ、と笑う葉子さん。 そのあとハイテクな機械できれいな写真を見せてくださるりっきーと奥様。 すてきな夕方でした(^^) るみ
28.09.2012 

「いいんです。このままのペースで・・」と。

今の自分を簡単に世界中に発信できることがあるのに 頑なに筆でお手紙を書き、テクテク歩いてポストまで入れに行ったり たまには伝書鳩を飛ばしてみたりする。 そして Onomachi α 店内にはこんな井澤さんのオブジェがある。 先日20代の女の子二人がお茶とスイーツの時間を楽しんでお喋りに夢中になっている瞬間、 ふと一人の子がこのオブジェ(花器ともいう)に目を留め、今までのお喋りと同じテンションで とても感動っぽく且つ嬉しそうにこう言った。。 「わー、これって ”太陽の塔” よね!!♡」 ・・・・・・・・   (太郎もびっくり!) カオリは(また)タオルハンガーを壊し、 るみちゃんは目が泳ぎ、 わたしは・・暫く呼吸困難になった。 その日、私たちはミーティングで「これでいいのか?」について話し合った。 そして 多少はわかりやすい方向でいくが 本質は”ブーム”から少し俯瞰したやり方でいくことにした。 つまり 伝書鳩作戦でいくことだ。 だって、あの岡崎さんもパソコン作成チケットのほうがスタイリッシュなのに 和紙に手書きのあんまりはっきり読めないようなチケットを選んでいた。 この意外性に一種の人間の本質を見たような気がした。
27.09.2012 

いのりとみのりの旅

いのりとみのりの旅 紀北には歴史ある神社や寺院がたくさん 穏やかな気候が育むたくさんのみのり いのる そして みのりをいただく そんな秋の一日もいいですよね。 今年で2年目になるこのキャンペーン 意外と知られていない素敵な場所に、きっと出会えます。 スタンプラリーにもなっていて みほぎ玉をもらえたり・・ Onomachi α では 旬の和歌山フルーツを使ったチーズケーキをご用意しています。 フルーツは季節の深まりと共に変わります