29.03.2013 

やさしいおだしの教室 in Onomachi α

京都 大山崎にある料理教室 Relishはこんなお店。 この横に料理教室のスペースがあります。 色々なテーマで料理教室が開かれています。 毎日作りたくなる、シンプルでおいしいごはん そんなレシピ、一番ほしいですよね。 今回は新刊「やさしいおだしの教室」にちなんで スープを2種類 春キャベツと昆布のスープとうすいえんどうのポタージュ 昆布の使い方、春キャベツのおいしい切り方などなど 知っているようできちんと知りたいコツを教わります。 サラダも春野菜を使ったレシピを現在作ってくださってます^^ スープとサラダをデモンストレーション スタイルで教わり その後森さんを囲んでのお食事会。 スープ2種類とサラダ、コーヒーと自家製天然酵母パンウーベさんのパンのミニランチを食べながら 料理にまつわる質問、たくさんしてくださいね! 日時:4月13日(土)午前11時30分~午後1時30分 料金:3000円 ご予約:073-425-1087
27.03.2013 

SAVVY 5月号

SAVVY5月号に掲載していただいています。 京阪神のおいしいお店がたくさん載っていて、保存版になりそうな一冊です。 ありがとうございます!
26.03.2013 

有り、難いこと。

直さんが今年も”ここに”来てくださる。 展覧会真近になっても毎日不思議で、とても不安だ。 こころ騒ぎ目は宙を見、状態のままギャラリー内でお客様とお話ししていた時だった。 二十歳を少し過ぎたくらいの女性に「怖いくらい直線的な方ですね」と キラキラした目で言われた。彼女は好きな子に告白するみたいな呼吸だった。 「・・ぁ はい。だからかな、、折れたら粉々になっても一度組み立てたら バランスが崩れてたりね。。」と変な質疑応答をしてしまった。 ほとんど初対面に近い彼女なのに一心に迫ってくる声で続ける。 「でもわたし、そういう人が好きです!」と。 (私はよくこんなふうに女子に告白される。) 私たちよりずっと上の方にいる直さんはここに来てくれる理由、 それはきっとここにいる私たちのこんな部分を察してくれての所以であろう。 有り、難い出会いなのです。
25.03.2013 

超超久

日本酒をこよなく愛する直さん。 今回、二回目の展覧会を迎えるにあたって 日本酒と和歌山 きっと全国的なイメージではないけれど 美味しい日本酒を一心に作っている、そんな蔵元もあるということをお伝えしたくて。 そして、うまれたコラボレーションが 中野BC株式会社さんの蔵出しほやほやの日本酒を味わっていただける 「にほん酒BAR in Onomachi α」!! 純米吟醸「超超久」限定発売をはじめ 梅酒やノンアルコールも試飲していただけます。 紙舗直さんの紙を買っていただいて 日本酒も味わって。 そんな至福の瞬間を体験してくださった方には 直さん直筆のラベルを書いていただけるかも! 気持ち 誠実さや真摯さ、真面目さ、 伝わればきっと、かえってきます。 そんな瞬間 たった三日間! みんな、緊張しています。
25.03.2013 

颯爽と服部竜也さん&wife

晴天の日曜日、 Onomachi αの駐車場にちょっと年期の入った小粋な岐阜ナンバーが停まった。 うちで人気ナンバーワンの珈琲カップの作者、服部竜也さん! 7月にOnomachi αで初個展をしてくださるので 打ち合わせと会場の下見とを兼ねて和歌山小旅行♡ 打ち合わせ中も物静かな奥様は隣で静かに微笑み 現実と空想と理想と希望が入り混じった発想でトークバトルしている姿を やはり奥様は柔らかな微笑みで見守ってくださるので、ふと不安になって 「ちょっと恐がっています・・か?」と聞いてみたら はずかしそうに首を横に振って 代わりに服部さんが「妻は口下手なだけで~♡♡」と。。 「・・口下手になろう。」 と、思った瞬間だった。^-^ 作品のシュンとした冷たさと神経質さとはいい意味でギャップのある ほんとに素敵な陶芸家・服部竜也さん。 7月の和歌山初個展、お楽しみに!