30.05.2013 

美子さん

DSCF5470 私の大好きな美子さん。 好きと言っても一年に1~2度しか会わないし、話さない。 知り合ったのも、去年の今頃だから自慢できるほどの仲じゃぁない。 でも、”そのまま”で話すと、何かが触発される。 だから、私は美子さんが好きだ。 ”うつくしいこ”と読むのだと3日前まで思っていたし。
28.05.2013 

「・・な、なんとまぁ♡」

DSCF5488 ご案内状を出させていただいたら、必ずお顔を出してくださる護念寺・住職さま。 今日もやっぱり来てくださり、スタスタスタ・・と玉手箱の前で立ち止まり コロンとMax可愛いのお猪口グラスを手にとる。 もう、、そのお顔は(愛犬をお風呂に入れるときよりきっと)柔らかで優しい。 そしてmax可愛いお猪口より、より一層可愛い! そんな表情は誰にも見せたくないらしいので、まあ、我慢して 手元だけ盗み取りさせていただきました。 今夜はきっと奥様の雅みさんと酌み交わすんだろうな~♡
27.05.2013 

「空色って・・」

DSCF5484 「こんなにきれいだったんですね。」と静かに言ってニッコリした。 いつもあんまり表情を変えないのに、今日はとても安心した笑顔だった。 「今年の冬、家内と南フランスのシャガール美術館に行って来ましてね・・  この色を見ていたらそのことを思い出しましたよ。」と、”月曜日の紳士”。 懐かしがって、安心して、幸せを感じる。 杉江さんのガラスの言わんとするところだ。 わかる人にはジンジン伝わっているようです。
27.05.2013 

スイングなモール

DSCF5486 アブナッカシイほど、 より一層、 より、魅力的なもの。
26.05.2013 

透明は色を意識させる

DSCF5476DSCF5483 一週間に半分ほど顔を出してくれるブルーの彼。 鮮烈な色が際立つ館内の5月。