archive
24.04.2011 

新茶を楽しむ、小野町デパート。

 


「京都へ行く?^^」

昔から変わらない、女性を誘う必勝フレーズ。

 
京都の・・といえば休日のなにか特別な小粋な(ちょっと秘密めいた)

素敵さがともなう。

ただでさえそうなのに

美味しいお茶をいただきに行きましょう~!といえば

一保堂さん・茶房「嘉木」です。

と、わたしはゴタブンニモレズそのなかの一人です。


初めて「嘉木」でいただいた煎茶は”芳泉”という銘柄でした。

香高く甘い時間は口から喉もとから体内にしみわたるまで


一緒にいた目の前の人より印象に残っています。

それからしばらくして登場した煎茶”嘉木”はもう一ランク上。

芳泉が可愛らしいアイドル的美少女だしたら

嘉木はちょっと簡単には手が届かない令嬢、みたい。


単純なわたしは、お値段からでもそう納得してしまう。

でも

確かにおいしいから、あんまり説明はいらない。


そんなお茶をより一層おいしくいただける教室をかねて

一保堂さんが小野町に来てくれます。

京都に行かなくても小野町3-43番地まで自転車でぶ~んと

走れば”京都体験”ができるのです。


男子の皆様、これは確実に朗報だ!


まず一回目5月の新茶の季節、30日(月)です。

30名限定の一部、二部制

和菓子も厳選されたもうそれは、、きゅ~~んとくる。


お電話予約お待ちしてます。

    073-425-1087 小野町デパート窓口まで。




               y








23.04.2011 

雨よりも

 0423 十河隆史 浅鉢 嵐みたいな大雨でしたね 小野町にいると どこかしら風が吹くし、音がする 閉めているはずの窓もかたかた 窓にかけている紙もさわさわ 誰も通っていないはずのドアから ちりりん 外の雨の音に負けないほど にぎやかです kaori
22.04.2011 

ルミチャンに叱られる

 

朝の厨房に忍ぶ込む。

これは動物的直感だと思う。

セラピーヨーガのときの滋養溢れるご飯準備のときは

あんまり吸い寄せられるように意味なく入っていかないのに。


ルミチャンが冷蔵庫のあたりに移動した隙に

調理台にソソリよったら

・・やっぱりあった!

”バナナのタルト”。

バレリーナの靴をはいたルミチャンが小走りに駆け寄ってきて

きつく叱られた。

「ダメですよ!」

^^; 「はい。」

そう言って、なで肩になったわたしは階段を降りた。

こころに固く誓った。

「変装してお客さんになろう!」



                  y






22.04.2011 

 0422 八木橋昇 赤つち 水差し 漆以外で 初めて手にした赤の器が 八木橋さんの赤つちの碗でした 粉引や黒の器の中で 色を主張しすぎるわけでもなく でも しっかりと効いている 野菜の色も いつもと違う感じがして 新鮮な気持ちの テーブルになったことを思い出しました。 kaori
20.04.2011 

ライムブロッサム

 0420 無農薬ハーブをブレンドしたゑびすのハーブティーは二種類 こちらはライムブロッサムティー 黄色い花はカモミール 熱湯を注ぐと 花がふわっと泳ぎます ミントとメリッサのさわやかさと カモミールのほのかな甘みをどうぞ。 kaori
1 370 371 372 373 374 376